印鑑屋でよく銀行印が使用していたのがわからなくなり、使用したいときは、持っている印鑑を窓口に全部持っていくという、ぐだぐだな感じの方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)をしていましたが、公の書類に押印する機会があり、この機会にフルネームで重量感あるはんこを製作して貰うことにします。

苗字が変わった時、免許の名義変更に行こうと思った時に新しい印鑑を創ることにしました。印鑑にこだわらなくても、つくりなおさなくてもいいそんな話を聞いたけど、旧姓の印鑑のままで使うのは違うんじゃないかと思います。
日本で良く耳にする平凡な苗字になってしまったので、既成品でたくさんある同じような印鑑に少し悩みました。

で、結局はホームセンターでも創れる絵柄のついた印鑑で彫って貰いました。
誰でも簡単に注文できるけど、特別感があって気に入っています。

大切な印鑑はずっと使用していくものなので、満足のいくものが良いですね。女性が多く選ぶのは、花や和柄などかわいさのある印鑑です。

かわいくて愛着がわきます。和柄のはんこには赤い金魚だったり、ピンクのウサギなど様々です。

ネイルにつけるようなキラキラしたものがついているハンコもあります。
小さく出ている光る石がポイントの3Dデザイン印鑑です。スワロフスキーをつけた印鑑は、おしゃれでありながらシックな大人の雰囲気もあります。
そんなかわいい印鑑はプレゼントにも喜ばれています。
おみせごとに印鑑の値段のちがいがあるだけでなくセットものを取り扱っていたり、職人さんの手彫りがいいのか機械(日本の技術は本当にすごくて、そんなことまでできるの!?というものが多いです)彫りなのかを選択したりと考えておくべきことが色々有りました。当たり前ですが職人さんの手彫りはそれなりに値段が上がります。
高級だと言われている象牙にして手彫り仕上げにしたらかなりな値段になります。個人的に言えば黒水牛あたりがくっきりとした印影でお値段も手頃なのではないかと思います。

通常は新しく印鑑を創ることがないですが、苗字が変わるとき相続などで新しく創ることになる事もあると思います。私は、家の近所のはんこ屋さんは中に入りにくく値段がわかりずらいので、ネットで検索し人気があり対応の良さ沿うなおみせで購入しました。
ちょっと急ぎぎみだったので2~3日で出来上がったので助かりましたが、印鑑の文字を名前で創ろうか、どんな字体で彫って貰うかなどいざ注文となると何が良いか悩んでしまいいつ必要になってもいいように、少しでも決めておけば楽だったと思いました。

時間のあるときに少しでも見ておくと順序よく注文できるのでお薦めだと思います。

次回、印鑑を創る時は、イラスト入りを選ぼうと思います。

例えば動物やキャラクターが描かれていて、個性が出せるはんこを作ってくれるショップがあるんですね。

顔の表情も選べて、独自の感覚で良い印鑑が創れ沿う。

実印がほしい人にはむきませんが、認印としては特に問題なく使えるようです。ちょっと役所で使う勇気はありませんが、会社で使うなら同僚などとコミュニケーションがとれ沿うですね。
単調な作業も少しは楽しくなり沿う。それほど高価ではないので、いくつか注文して購入したいと考えています。

印鑑といっても実印や三文判などがありますが、わが家にはなんとなく三文判が住んでいる人数より多くあります。

始めに購入したものは夫と私分の二つだったのですが、ちょっとずつ増えていったのです。

ある時は記念品として贈られたり、またある時は身内から貰うことがあってだんだんと増えていきました。

しかしこんなにたくさんあってもどう使えばよいのか、だからって使える印鑑を捨てるというのは性に合いません。出番のない印鑑を捨てるには、何か方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)があるのかなと思う私でした。
ネットで実印を注文した時に、セットで銀行印も創ると安くなるということでした。それまでは間に合せの銀行印のようなあまり考えてないで使っていて、頭のどこかで考えていたので、ぴったりいい機会だと思って創ることにしました。
新しい印鑑を創るので、既製品にありがちな立て彫りの印鑑を辞めて、よこにして貰いました。そして、書体は吉相体にしてみました。沿う沿う、アタリはなしにしました。

選んだ大きさは、少し大きめの12mmにしました。

印鑑の値段というと材質によっても違うのは当たり前ですが、作業の方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)や作業にかかる時間、どれぐらいの大きさの実印にするか仕入れの仕方や速達などの発送方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)、営業の仕方といったものからも値段が大聞く変わります。

ずっと使用するものなのであんまり安いものだと不安だと思いますし、ある程度の価格の実印を購入した方が良いでしょう。結婚する前に母が、下の名前が彫られたはんこを私にプレゼントしてくれました。

象牙という素材でできたもので、高価なものだったのだろうと思います。銀行印として使用していますが、使うたびに生前の母のことを思い浮かべています。

私にもコドモができ、名前は親の気もちがこもった贈り物なんだという考えをもつようになり、ますます大切な印鑑だと考えるようになりました。

愛娘が大人になる頃、母がしてくれたように私も印鑑をプレゼントするつもりです。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒チタン印鑑でおすすめなのはコレ!