ドンドンと高齢化社会の波が現実となっている日本、政府は、施設より在宅での介護を推進しようとしています。
マイホームで家族の手によって介護をされる。 聞いた感じはいいですし理想的ではありますが、 介護というものを知っている人なら、実現させるにはとても難しいと理解できるでしょう。知人が、実家の父の介護をしています。
介護者は車いすで、ある程度は動けるから寝たきりではないです。
母親もやっていますが、高齢になってくるとひとりで介護は難しいです。 親の介護をしておりコドモが独身だという家庭、今の現代似たような人、高い確率でいます。親孝行の人ほど、新生活をスタートするのに両親がどうなるか心配になります。
自分の身内が介護が必要になれば、理想は家族で介護したいと思っておりますが、家族だけの介護には持続できません。両親などを介護するときは、プロに任せる時間持つくるべきです。 デイサービスやヘルパー支援など組み合わせが可能でるので、使ったほうが負担が少なくなります。
これからもへルパーを増やしたり通所介護施設など、増えたら良いと思っております。
2日間介護して感じとったのは、介護をする上で大変な病気は認知症なのかも知れないということ 1番ツライのは24時間気が休まらないことです。夜中でもどこかへ行ってしまいます。
本人が食事を食べ終わったあとに他の家族分の夕食をつくり始めるのです戸惑うことばかりでした。来てくれているヘルパーさんに感謝しなくてはなりませんね。おじいさんの認知が進んでいるようだとは話を聞いていました。
一人で徘徊したり、重たい家具なんかを倒したりしたそうです。
離れて暮らしていた私は見ていませんが、母の大変さは言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)では伝わらないほど。
その後グループホームに入って、施設の方々に見守ってもらい過ごせています。
母も祖父と距離が取れたことで、以前とはちがう気もちで介護している様子です。私もなるべく会いに行こうと思っております。介 護の求人はすさまじく多くて、近隣でひとつは見つかると言えるほどです。
介護職の就職先は数多く、たとえば入所施設だと、24時間介護職が必要なので、夜間の勤務もあります。
施設でも通所型の施設なら、主に日中だけです。施設以外に、在宅の介護もあります。それに関しては事業所ごとに異なり ます。
日中だけでなく夜間仕事に場合もあるので、内容については確認しておきましょう。サ責になるにはヘルパー2級を修了していて、実務経験3年以上あるか、実務者研修修了者や介護福祉士が仕事につくことが可能でます。
ただし、介護職員初任者研修を終えて3年以上の実務経験を経ている者の場合は、事業所にとっては減算があるので、実際は実務者研修修了者か介護福祉士がなっています。
旧ヘルパー1級や介護職員基礎研修修了者で、サービス提供責任者である場合は、減算の対象にはなっていません。
介福の試験を受ける条件に実務者研修を受けた人というのがあるので受講をお奨めします。介護施設の勤務形態は、昼間だけでなく夜勤もある交代制勤務なので慣れるまで大変です。そうとは言え、夜勤は回数に応じて手当が付く施設がほとんどなので、稼ぎたい人は夜勤が勤務のある施設はお勧めです。
老人ホームは、利用者が多く求人も多いです。介護の技術持つく職場なので就職のメリットはあるといえるでしょう。これからも施設介護は、増えていくでしょう。
両親が要介護になったら、できるだけのことはしてあげたいと思っております。 しかし、一切を請け負うのは、まあまあ難しいことです。
特に、介護って常に先が読めないので、会社勤めの自分とあわせれないのが悩みです。
年齢が高くなると、いつ体調が悪くなるか分からないし、気を配っていないと、 病気やケガに繋がることがあるからです。
日本は高齢社会を迎えており団塊の世代の人が今後は介護施設を利用する事が増加していくでしょう。介護施設の中で特に、特別養護老人ホームというのは入居者が多いので職業安定所でも常に求人があります。特別養護老人ホームは、全国でも50万人以上が入所したいと待っている状態で、施設は常に満床です。このような実情なので、介護職の仕事は体力が必要です。

Leave a reply