何年も会っていなかったおばなんですが認知症ということで、介護の手伝いに行くことなり自分ができることはがんばってみようとテンションをあげていきましたが介護というのは私の想像をもっと超えていてなんとも言えませんでした。
おばさんは私がわからなく、以前とは別人のような姿を見て私はびっくりしてしまいました。
勢いよく高齢化が現実となっている日本、政府は、施設より自宅での介護を推進しようとしています。 在宅で家族の者に介護をされる。
聴こえは良いですし理想ではありますが、介護というものを経験したことがある人なら、現実にするにはとても難しいと理解できるでしょう。サ責の給料ですが少し前の話ですが手取りで約16から18万多かっ立と記憶しています。正社員であれば、残業代もありましたし、休みに出勤の時も手当があり収入は増えやすいです。業績が上がれば、賞与が出るところもあります、賞与がないところでも、ヘルパー勤務よりベースが高いので、年収としてはヘルパーより多くなります。させきとは、資格だと考えている人も多いです。
させきは資格ではなくて介護職のひとつです。
訪問介護において重要なポジションで、事業所には一人以上います。
通常は正社員で、事務所の代表のようなシゴトです。
訪問介護のシゴトもして、管理・運営のシゴトも毎日こなさなければならないので、シゴト量増え責任も必要となりますが、正社員の待遇をうけたりヘルパーよりも安定した給与になります。日本は高齢社会を迎えておりいわゆる団塊の世代がこれからは介護施設を利用することが増加していくでしょう。
介護施設の中で言うと、特別養護老人ホームというのは利用者が満員状態なので職業安定所でもいくつもの求人をみることが出来ます。
施設の中でも特別養護老人ホームは、全国でも50万人以上が入所待ちをしている事もあり、施設は常に満床です。
このような実情なので、業務としては忙しいです。介護職の業務は忙しいです。 勤務時間は、 早出や日勤や遅出に加え夜勤といったほとんどが交代制勤務なので身体的にもしんどいです。 といっても、夜勤に入ると基本給に手当が付くとこもあるので、少しでも稼ぎたい人は夜間の勤務がある老人ホームというのはお奨めです。
特別養護老人ホームは、介護技術も身につく職場なので就職するメリットはあります。
うちの母が脳卒中で倒れ、現在は老人保健施設に入っています。
公的な施設なので、月に10万前後になっています。母がもらっている年金で、払うことができておりコドモの負担はありません。ニュースなどで、介護について頭を抱えている息子の嫁がおおいと感じます。高齢者の介護施設を建てて欲しいと思います。
有料老人ホームは自己負担が月に20万から30万になります。
年金で入れるような施設が良いです。
サービス提供責任者 資格取得するには介護職員初任者研修を修了し実務経験を3年以上つむ方法か、実務者研修を受講し終わるか、介護福祉士がなることが出来ます。
以前にヘルパー1級や介護職員基礎研修を取得されている方なら、シゴトに付けます。資格がないけど介護のシゴトを考えているなら、これからのことを考えて、実務者研修を済ませるとよいでしょう。すぐに働きたいなら、すぐにサービス提供責任者にはなれませんが、介護職員初任者研修をうけて経験を積みましょう。求人情報会社でも介護のシゴトが多いですね。
家から近い職場を選びたいところですが自分で捜すとなると時間と手間がかかります。
そこで活躍するのが求人ホームページです。介護職専門の求人ホームページがあります。徐々に求人ホームページ数も増えており登録は無料で条件をみてシゴトを捜してくれるのでありがたいです。
パートや派遣だけでなく正規雇用のシゴトもあるしこちらの条件が言いやすいのも大きなメリットだと思います。
祖父の認知症がきつくなっているようだとは聞いていました。徘徊するようになり、所以もなく物を倒したりが続いた沿うです。
私は離れて暮らしていましたが、母の大変さはすごかったようです。
現在はグループホームに入居して、介護士さんに見守って頂くようになりました。
母も祖父と距離が取れたことで、余裕ある気もちで介護出来ているようです。
なるべく手伝いに行こうと思います。

Leave a reply