数年あっていなかったおばさんがアルツハイマーになり、少しでも介護の手助けに行くようになりできることはしてみようと意気込んでいきましたが、介護の実際は私の考えを上回っていてかなり大変でした。おばさんは私を初対面だと思っており、変わり果てた姿に私は驚きました。
介護職というと、よくわかっていない人からすれば、ヘルパーという言葉が思いつく程度。想像するシゴト内容はオムツ(赤ちゃんや幼児、高齢者などが使う他、ペット用のものなどもあります)交換とかパジャマなどの着替えをさせるこれぐらいの想像はすると思いますよね。実際の介護現場はそれだけでなく他にも業務があり他より体力も必要ですし精神的にも強くないとつづけるのが厳しいと言えます。介護職を考えているなら職場の情報を持っている介護求人サイトが便利だと思いますよね。
サ責の給料ですが自分が勤務していた時は手取りで16〜18万ぐらいの会社が多くみる給与の相場でした。正社員の雇用なら、残業代もありましたし、休日出勤も手当があり収入は増えやすいです。事務所によっては、ボーナスが出るところもあります。賞与がなかったとしても、ヘルパー勤務より基本給が高いので、トータル年収を見ればヘルパーより多くなります。
さ責の就職先は、主に訪問介護事業所です。例えばヘルパーステーションと言えば聞いたことがあると思いますよね。
訪問介護のみの事業所もありますし、居宅支援介護事業所も行っているなど職場はいろいろあります。
サービス提供責任者という職種は、ヘルパーのシゴトをしながら、訪問介護計画を作成したり担当者会議などの打ち合わせや連絡、ヘルパーの管理や育成も行なうので、サービスを行なう利用者の人数やヘルパーの人数によって、事務所の規模が違ってきます。
させきの人数のちがいで、シゴト内容が違ってきます。
介護のシゴトの業務は忙しいです。
勤務形態は、 早出の日もあれば遅出もあるような交代での勤務になるので体力面も大変です。
ですが、夜勤に入ると手当が付くところが多いので、たくさん収入がほしい人は夜の勤務がある老人ホームというのはお勧めです。
老人ホームは、介護の技術も勉強できるのでメリットのあるシゴトです。高齢社会を迎えておりいわゆる団塊の世代が介護施設等に頼ることが増加していくでしょう。介護施設の中では、特別養護老人ホームの利用者が多いので求人サイトでもいつも求人があります。
特別養護老人ホームというのは、50万という人が全国で空きを待っている事もあり、施設は常に満床です。
そういったことから、介護職の業務は忙しいといえます。
特別養護老人ホームの勤務形態は、昼間の勤務だけでなく早出や遅出やといった基本的に交代制勤務になるので慣れるまで大変です。
それでも、夜勤をすると一回幾らなどの手当が付くところが多いので、収入を増やしたい人は夜勤がある特別養護老人ホームはお勧めです。特別養護老人ホームは、利用したい高齢者も多く介護の求人も多いです。
実務経験になるので就職のメリットはあると言えます。今後も施設介護は、多くなるでしょう。
おじいさんの認知症が進んでいるようだとは話を聞いていました。
ご近所を徘徊したり、家具を倒したりしたそうです。
私は離れて暮らしていましたが、母の心労は言葉では伝わらないほど。その後グループホームに入って、施設の皆様に温かく接して頂いていますよね。
母も祖父と距離が取れたことで、以前とはちがう気持ちで介護出来ているようです。
私もなるべく会いに行こうと思いますよね。
インターネットで検索できる求人サイトなんですが少し検索してみると全国の求人情報があって捜したい市町村で検索できたので捜しやすかったです。日勤のみなどの条件別でも検索できるし登録も無料で手軽感がありました。
専門職のサイトで介護もありますがインターネットも電話も対応していて介護のシゴトに関しても内容を教えてくれ就職についても相談でき心強く感じました。
求人サイトも悪くないと思いました。サ責の資格取得方法は介護職員初任者研修を修了し3年以上の実務経験を経る方法か、実務者研修という研修を修了するか、介護福祉士がなることができます。
今までに、ヘルパー1級や介護職員基礎研修というのをとっているなら、すぐにシゴトに付けます。
資格がないけど介護のシゴトを考えているなら、これからのことを考えて、実務者研修をうけることを御勧めします。
働きながら資格を取りたいなら、すぐにサ責になませんが、とりあえず介護職員初任者研修をうけましょう。

Leave a reply